メルボルンカフェ図鑑

(ただのコーヒー好き+メルボルンに移住)×6年弱=訪れたカフェ約300軒!!!……… 自分でもビックリしていますが、せっかくなので紹介していくブログです。

コーヒーの紅茶とは?!

みなさん、カスカラ(Cascara)ティーって聞いたことありますか?
これ、紅茶ですがコーヒーなんです。

え?……何言ってるの!?って感じですよね(^^;)順を追って説明していきましょう。

f:id:annayan:20180127200144j:plain

副産物とは言わせない!

皆さんが毎朝おいしく飲んでいるコーヒー。もちろん必要不可欠なのは「コーヒー豆」ですよね?
「豆」と呼んでいますが、本来は「コーヒーの実」の中にある「種子」の部分を示しているということはご存知の方も多いはず。
コーヒーの実を収穫し、外側の皮や果肉を取り除き、残った豆部分を焙煎してできたのが「コーヒー豆」なのです。

 

はい、ここでストーーーーップ!!!!!!

いま頭の中で、できあがったコーヒー豆がイメージできたと思います。
それと同時に、山のように残された物があることにお気づきでしょうか!?

そう...

コーヒーの実の「皮と果肉」!!

 

もうおわかりでしょう・・・
種子を取り出した後の゛残り物゛を乾燥してできたのが、カスカラの正体!
そして、カスカラをお湯で煮出してできたのが゛カスカラティー゛なのです。

 

希少価値 高!

知名度が低くても不思議ではありません。だって売られていないんですから(´;ω;`)
それにはいくつか理由があるようです。

 

  1. カスカラをお茶として飲む習慣があるのはコーヒー豆を生産している国の一部だけ。他の地域は廃棄
  2. 農薬を使用した栽培法では外皮に農薬が付いてしまい、カスカラティーにするには安全性に欠ける。つまり廃棄

 

カスカラティーを広める母体数も少なければ、無農薬のコーヒーの実しか使えず、廃棄されることも多いとなると普及スピードが遅いのも頷けます。

しかし裏を返せば、売られているカスカラは安全性が保証された数少ないコーヒーの実から作られた「希少で高品質な物」ということになりますね!

 

美容に良いってホント?!

カスカラティーはコーヒーよりもカフェインの含有量が少なく、抗酸化作用があるポリフェノールは豊富に含まれています。美容効果にも期待な飲み物なんです♪

気になるお味はというと……コーヒーとは全く別物!!
少し酸味がありますが飲みやすく、香りはとてもフルーティ。まるでハーブティーを飲んでいるよう。
少しミルクを足すと酸味が和らいで、違った味が楽しめます!

 

f:id:annayan:20180127194647j:plain

私がカスカラを購入したのは、有名な「Market Lane Coffee」。

世界各地の有数のコーヒー豆農家と契約し、信頼のある豆を厳選して使用しているMarket Laneだからこそ、安全で高品質なカスカラが手に入るのです!

カスカラティーの歴史はまだまだ浅いようですが、これからさらに広まれば 手に入りやすくなるかもしれませんね!

あなたもコーヒーの新たな一面を楽しんでみませんか?