メルボルンカフェ図鑑

(ただのコーヒー好き+メルボルンに移住)×5年弱=訪れたカフェ約300軒!!!……… 自分でもビックリしていますが、せっかくなので紹介していくブログです。

話題の“Bulletproof Coffee" とは

Bulletproof Coffee をご存知ですか?

Bullet(弾丸)+proof(防ぐ)= 防弾
そこから転じて、「欠点のない」「万全な」といった意味合いがあります。

つまり、「完全無欠コーヒー」!!
日本ではそう呼ばれて注目されているようです。かっこいいネーミングですよね✨

 

 

さらっと概要

 

その中身とは!?

コーヒーとバター等の脂肪分!

※別名、バターコーヒーとも呼ばれています。

 

飲むと何が起きるの?!

・頭がスッキリする!
・腹持ちがいい!
・脂肪を燃焼させやすい身体になる!…らしい。笑

 

つまり…

 

朝、炭水化物を取るかわりにBulletproof Coffeeを飲んで必要なカロリーを摂取!
朝から頭もスッキリして仕事効率Up!!
おまけに脂肪を燃焼させやすいダイエット体質になろう!

 

が、目的の飲み物のようです。
(どうしてもバターとダイエットが繋がらないと思いますが、ぐっとこらえて先に進んでください😣)


私がこの存在を知ったのはつい先日😅
まだまだBulletproof Coffeeど素人の私が、いろいろ調べて得た情報、実際に飲んでみて感じた事をみなさんと共有したいと思います。

 

☆材料と作り方

★Bulletproof Coffeeの材料
正直、「どこでも手軽に買えます♪」と言える代物ではありません😂まぁ今はネット通販という便利なものがありますが…。

重要なのはこの3つ!


・コーヒー
・グラスフェッドバター
・MCTオイル

 

バターの量は大さじ1〜2程度。
オイルは過剰摂取するとお腹を下す人もいるようなので、小さじ1〜2からスタートして、大さじ1くらいがちょうどいいかもしれません。
あとはお好み&空腹度合いと相談!


ネットで調べるといろんなレシピが出てくるので、自分にあったのを選ぶといいと思います。その中にもっと身近な“代用品”を使ったレシピがあるので、材料入手が困難な人はそこからはじめて見るのもいいかもしれません。

 

★鍵を握る“撹拌”!
これらの材料をただスプーンでチャチャっと混ぜるだけでは絶対にダメ!!!

脂肪をしっかりと撹拌させ、乳化させないとBulletproof Coffeeとしての効果が充分発揮されないようです。

 

油と水分に分離したドレッシングをよ~く振ったときの “白く濁った状態” をイメージしてください。この乳化した状態の脂肪は水に溶けやすく、消化吸収がより早く行われます。

 

ここで必要になってくるのがブレンダー

そんなの家に無いよ😭という方もご安心ください。100円均一で売ってるミルクフォーマーがいい仕事をしてくれます♪

 

☆各材料の詳細

まず、コーヒー

オーガニックで、有害物質やカビ豆が入ってないもの。
さらに!抗炎症性物質を含む大事なコーヒーオイルを守るために、金属フィルターやフレンチプレスで淹れるとなお良し!とのこと。コーヒーのコクも深まります。


MCTオイル

ココナッツなどヤシ科の植物に含まれる中鎖脂肪酸のみを抽出したオイル。

 

グラスフェッドバター
その名の通り、Grass(牧草)fed(与えられた)牛から取れたミルクを使ったバター。
一般的な穀物で育てられた牛のバターより脂肪分、飽和脂肪酸、コレステロールが低く、健康促進に必要な「良いオイル」とされる不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。

 

★含まれる成分と期待される効果
カフェイン → 血流促進

頭がスッキリして集中力up

 

コーヒーポリフェノール → 抗酸化作用・糖の吸収をやわらげる・脂質の代謝を促進

酸化を防ぐことはアンチエイジングになる!
食前に飲むと、その後の血糖値上昇を抑えてくれる。

 

コーヒーオイル → ガン予防

※コーヒーオイルをしっかり抽出するために金属フィルターorフレンチプレスで!というレシピがたくさんある一方で、コーヒーオイルに含まれる成分が血中コレステロール値の上昇につながるという研究結果が載る記事も…。摂るべきなのか摂らないべきなのか…😱

 
中鎖脂肪酸→ 体内で分解・吸収がされやすく、エネルギーの即戦力になる!


不飽和脂肪酸 →特にオメガ3。 血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし血液の循環を良くする!


各材料に含まれる成分にどんな特徴があるのかざっくりと書きました。
さらに細かく、身体の中でどんなメカニズムで作用しているのかを説明をしようとすると、長く&難しい話になりそうなのでここでは割愛させていただきます(^_^;)

 

 

どうです?身体にいいこと間違いなしの予感ですよね!!!

ここからは私が実際に作って・飲んで感じたお話。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

いきなりですが・・・
☆私が日常に取り入れ(られ)なかった理由

Bulletproof Coffeeを“作る”だけなら、材料さえ手に入れてしまえばあとは簡単かもしれません。
しかし、毎日続けて“体質改善”を完璧にやり遂げようとすると、思った以上にハードな道のりが待ち受けていることが判明😱

「毎朝のコーヒーをBulletproofに変えるだけなんでしょ?♪」なんて甘い話ではありませんでした…

 

★朝は絶食してコーヒーのみ!
朝食のお供にBulletproof Coffeeを♪かと思いきや、まさかの断食宣告😱

でも、効果を存分に発揮させるためには仕方ないんですよね…なぜなら、

 

人の体はご飯食べて得た「糖分」からエネルギーを得ています。
しかし絶食する(糖からのエネルギー確保ができない)と、身体は飢餓状態になり、今度は自分の身体の脂肪を燃焼してエネルギーに変えようという働きが起こります。つまりダイエットになる!

 

Bulletproof Coffeeダイエットは、ここに目をつけたんですね。

つまり鍵となるのは「朝の絶食」なのではないでしょうか。

朝食(=パンやご飯などの炭水化物=糖質)からエネルギーを得ない代わりにコーヒーの脂肪分をエネルギーに変える!

つまり、意図的に糖質飢餓状態にして“脂肪を燃焼する” 動きを作ることが重要なんです。

Bulletproof Coffeeから得たエネルギーのみで午前中を過ごし、数時間後にランチを食べられれば何の問題も無いでしょう。むしろいい感じに空腹感が出てからランチを食べれるので健康的♪

 

私が実践したときは、朝8時に飲んで12時頃まで空腹を感じずに済みました。しかし!私の場合、仕事がある日はお昼休憩が夕方近いので、とてもそこまではお腹がもちません😅なので断念…。

3食しっかり理想的な時間に食べられる生活リズムの方には取り入れやすいかもしれません。

 

★食事制限
朝食をBulletproof Coffeeに置き換えれば、昼と夜ご飯は普通に食べていいようです。
しかし「普通に」と言いましたが、こんな制限がかけられています…。

・小麦製品NG
・お酒NG
・加工食品NG
・揚げ物NG(低音調理が好ましい)
・油はオリーブオイルを使用

まぁまぁあるな…と、思ったのが正直なところ。あまりガチガチに捉えず、野菜などのいわゆる「健康的な食事」を意識することが大事みたいです。

 

前述の通り、「朝のコーヒーをBulletproofに変えるだけ♪」とはいかないようです。😅楽して痩せ体質!なんてそんな都合のいい事あるわけがなかった!!笑


☆とある疑問…
意図的に糖分に飢えた状態にして、Bulletproof Coffeeの脂肪からエネルギーを得る動きを作り出す!!

 

ん?・・・ちょっと待てよ。・・・それって、

 

コーヒーに入れた脂肪を使っているだけじゃない?(自分の脂肪はそのまま?)

 

 

冒頭に書いた “期待される効果" を思い出してください。

・頭がスッキリする!
・腹持ちがいい!
・脂肪を燃焼させやすい身体になる!

上2つはいいんです!カフェインやら中鎖脂肪酸やら…直接的なつながりが見えてきます。

でもなぜ「脂肪を燃焼させやすい身体になる」なんて継続的な話になるのかがわからない!!!確かに瞬間的にはバターやオイルの脂肪を燃焼しています。でも、さらに広がって “自分の脂肪も燃焼する身体” になる根拠が見つけられない💦

 

 

正直に言うと、未だにこの疑問の答えにはたどり着いていません。

 

 

ただ、調べていて1つ気になったフレーズがありました。

脂肪を燃焼させる回路を回すことで、身体を脂肪燃焼モードにする

 

つまり、一度スイッチが入れば、その働きは継続するということでしょうか?

確かに、Bulletproof Coffeeの満腹感が切れてからランチまで空腹感に襲われている間は脂肪を燃焼しているでしょう…。しかしそれもランチを食べて「糖質→エネルギー」の動きに戻るまでの間だけの気もしますが…😅。積み重ねが大きな結果を生み出すということでしょうか。

はたまた、Bulletproof Coffeeダイエットを長く続けることで、基礎代謝が上がって、本当に脂肪燃焼体質に変わるのかもしれません。

 

 

疑問を払拭できないまま、こんな仮説のような段階でブログにするのが申し訳ないです😅

 

私なりの着地点は、

Bulletproof Coffeeダイエットは “痩せさせる” より、"太る要素を減らす" です。

 

朝食も抜いてるわけですからね・・・😅体重減ってもらわないと割に合いません。笑

 

☆最後に

いかがでしたか?

材料集めやコーヒーの淹れ方などなど、こだわりだすとキリがなさそうだったり、効果に根拠が欲しい!と調べだしたら私のように疑問にぶち当たったり・・・奥がとても深いようですが、何はともあれ試してみる価値はありそうじゃないですか!?実際に「体重が減った」「午前中の集中力が上がる」などの声は多いみたいです。

私は休みの日の朝に飲んだり、コーヒーの新たな楽しみ方程度に無理なく取り入れています。(意味ないかもしれませんが😂)

 

オーストラリアはオーガニック志向が強い国なので、そういった製品を取り扱うお店も多く、Bulletproof Coffeeの材料は比較的手に入りやすい環境にあります!!だからこそ試してほしい!

 

また、作る前にどんな味か知りたいという方・・・シティにある Little Bean Bambini に行ってみるといいでしょう♪